デザイナーイベント直前!/フルオーダージュエリー② デザインを形に…編

デザイナーイベント直前企画! 昨日に続き、今度は2次元のデザインを3次元で具現化するジュエリー職人の技をご覧いただきます。

【デザイナーイベント直前!
フルオーダージュエリー① デザイン編】
もお読みください。

f0218886_13483364.jpg


こちらの設計図をもとに、原型職人がリングとしての形を作っていきます。
デザイナーにもある程度まではデザインが立体となったときにどのようになるのかをイメージできていますが、実際に作っているわけではないデザイナーには分からない立体にする上での問題点などがある場合もあります。

デザイナーと職人とで磨りあわせを重ね、
デザインのイメージをもっとも美しく表現する方法
を模索します。

今回のデザインのポイントは指の上にフラワーアレンジメントをしたように見える作りです。地金色も3色使っていますので、本体とパーツ(色の違う部分)をそれぞれ別に造形していきます。
リングとしてはかなり複雑な構造になっているのです。職人の腕の見せ所ですね。

f0218886_13552633.jpg


本体のイエローゴールドのリングとホワイトゴールドのお花のパーツ、ピンクゴールドの蝶々のパーツです。
これを組み立てていきます。

f0218886_13563872.jpg


パーツを本体に丁寧に溶接していきます。
この作業を【ロー付け】といいます。【ロー】というのは、使用している金属よりも融点の低い接続用の特別な地金のことをいいます。

ロー付け完了後に石留めを行い、いよいよ完成です!

f0218886_143714.jpg


如何でしょうか?

とても複雑で豪華なデザインですが、デザインのイメージをそこなわずにリングとして美しく完成しました。
かなり大きなポーションのリングなのですが、上に向かってこんもりとしている分、指にはめる部分やリングの脇には余計な地金がなく、意外にも身に着けやすくなっています!

今回のデザイナーイベントで店頭に展示されますので、是非、
実際に見て触れて身に着けていただきたい
と思っております。

デザイナーイベントではお客様のご要望にお応えするデザインをさせていただきます!お近くでデザイナーイベントが開催されますみなさまには、是非、店頭にお越しいただきたいと思っております。

スタッフ一同、お待ちいたしております。
[PR]